十二月 15, 2019

Arch LinuxをHyper-Vにインストール(作業メモ)

Why Arch Linux?

Dockerを動かす為のできるだけ小さい構成のOSを捜していた。
Archは全部自分でパッケージ入れて好きに構成するという考え方らしいので
できるだけ最小にできるはず!ということでやってみた記事です。(なお初めてです)

手順は以下を参照しながらやっています
https://dzone.com/articles/install-arch-linux-on-windows-10-hyper-v

環境

  • Hyper-V 第二世代VM
  • ディスク容量 20GB
  • archlinux-2019.06.01-x86_64.iso

手順

VMの作成

  • セキュアブート無効

起動

ArchのISOをマウントして起動する。
すると、自動的にrootのプロンプトが起動してくる。
コンソールではコピペもできず不便なので、sshが使えるようにする。

localectl set-keymap jp106
passwd  # rootにパスワードがないとssh繋げられない
systemctl start sshd

# なお、IPアドレスは
ip a  なり  ifconfig で調べられる

パーティション作成

EFIで起動させたいので、GPTでパーティションを切っていく。

$ gdisk /dev/sda
# EFIブート
command?: n #新規作成
number: [入力せずにENTER]
First sector: [入力せずにENTER]
End Sector: +512M
type: EF00  # EFIブートパーティション

# データ
command?: n #新規作成
number: [入力せずにENTER]
First sector: [入力せずにENTER]
End Sector: [入力せずにENTER]
type: [入力せずにENTER]  # Linux

command?: w # 書込
Do you want to proceed? (Y/N): Y

フォーマット

mkfs.fat -F32 /dev/sda1
mkfs.ext4 /dev/sda2

とりあえずマウント

mount /dev/sda2 /mnt
mkdir /mnt/boot     # EFIブートパーティションをマウントするため
mount /dev/sda1 /mnt/boot

ファイルコピー

pacstrap /mnt base base-devel openssh vim
genfstab -U /mnt >> /mnt/etc/fstab
arch-chroot /mnt

# ここから、ディスク上に書き込まれる

# ブートローダー入れる
bootctl install

ブートローダー設定

vim /boot/loader/loader.conf

default arch
timeout 3
editor 0

ブートローダー設定2

cp /usr/share/systemd/bootctl/arch.conf /boot/loader/entries/

blkid -s PARTUUID -o value /dev/sda2
でUUIDを取得しておく。

vim /boot/loader/entries/arch.conf

options root=PARTUUID=xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx rootfstype=ext4 add_efi_memmap

ブートローダー設定を反映

bootctl update
bootctl

これで再起動できます。おつかれさまでした。

ネットワーク設定

固定IPを指定する。DHCP使わない。Network-managerもナシ

vim /etc/systemd/network/20-wired.network
[Match]
Name=eth0

[Network]
Address=10.1.0.230/24
Gateway=10.1.0.1
DNS=8.8.8.8
DNS=8.8.4.4
systemctl enable systemd-networkd
systemctl enable systemd-resolved

localeまわり

vim /etc/locale.gen

en_US.UTF-8 UTF-8
ja_JP.UTF-8 UTF-8
の二行のコメントアウトを外した。
sudo locale-gen
sudo localectl set-locale LANG=en_US.UTF-8

ここで一度SSHを切断して、再接続しないと表示乱れが発生した。

timezone

sudo ln -sf /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
$ date
Thu 20 Jun 2019 05:06:48 PM JST    JSTになっていることを確認

ホスト名

hostnamectl set-hostname ほすとめい