DIY内窓の話 FINAL

要約

ついに部屋の中のすべての窓に内窓をつけた。トータルで5窓分作ったので、色々とまとめる。
これがベスト!という選択も書いておく。

材料

必要な材料は以下の通り。ひとつの項目に複数の材料が挙げられている場合は、どれかを選択する。
特に記述がない場合、登場順=おすすめ順。

  • 板。窓本体になるもの
  • レール上下。そのままだけれども上下のレールになるもの
  • フレーム上下左右。板の上下左右につけて見た目をよくするもの

テープ類

長さは窓の周囲全部に貼るくらいの長さを計算して調達すればOK。
テープ類がキモなのでケチらないことをおすすめする。

両面テープ

  • ニトリル はがせる両面テープ 強力固定用 10mm x 4m

養生テープ

後で剥がすことを考えて養生テープを選択している。ガムテープでは剥がしたときに跡が残る可能性がある。

  • コーナン 養生テープ 幅 5cm

ホームセンター製をチョイス。色は部屋の雰囲気に合わせて選択すればよい(テープ自体は二重窓を閉めていれば見えない)

4mm厚がおすすめ。ハモニカーボとポリカ中空ボードは正直違いがわからないので値段で選べば良い。
この記事では4mm厚を前提に記述する。

ハモニカーボ

  • アクリサンデー ハモニカーボ クリア

1820x910x4mm or 2200x1050x4mm。前者の方が入手性が良い。後者は半分に切って2枚取れるサイズの窓であれば節約になる。ホームセンター、モノタロウ、コメリ… 通販でも入手可能。

ポリカ中空ボード

  • 光 ポリカ中空ボード クリア

1820×910×4mm。なぜかあきばおーで扱っている。

上下レール

上レール

長さ 1000mmと1820mmがある。必要な長さをチョイスすればよい。
が、1820mmは入手性が悪いので1000mmを2つ繋いで使うことも可能。

下レール

下レールに下を使うのが基本だが、あえて上レールを使うことで窓をハズれにくくすることができる。ただ、窓をレールにはめるのがやりにくくなるので一長一短。

レールを踏んだときに上レールだと痛いので下レールの方がおすすめ。その心配がないなら上レールを使うのは考えても良い。

左右カブセ

カブセ9を使う場合、窓を閉めるときに場所を調整しきれないとうまくハマらないことがありちょっとストレスかもしれないが、ハマったときは隙間が減るような気がする。
アングルを使えばハマるハマらないの話はなくなるので使い勝手はアングルの方が上だと思われる。

フレーム

窓の上下左右部分。正直、上下は不要で左右だけつければ十分。
左右フレームはつけないと微妙に隙間が空いてしまうのと、板に反りが発生しがち(フレームをつけても防ぎきれないが)なのでこれはつけることをおすすめする。

左右フレーム

ジョイナー コ4がおすすめ。アルミを加工できるなら(切断だけなら金ノコで可能だと思う)アルミチャンネル AC-3.5に板を潰しながら入れれる…のではないか(未確認)

上下フレーム

透明テープがおすすめ。バインダー15を無理やり装着すると滑りが多少良くなるが、苦労の割に…というところ。板を切りすぎてしまって外れやすくなった場合は、バインダー15をつけることで数ミリ稼げるのでその用途であればおすすめ。

comments powered by Disqus