Ubuntu 18.04LTSにMastodonを入れてみたメモ

なにこれ?

公式の Production Guide は Ubuntu Server 16.04LTS を前提に書かれているので

18.04LTSの際の差分をメモしておく

Mastodon Production Guide

https://github.com/tootsuite/documentation/blob/master/Running-Mastodon/Production-guide.md

で、違いは?

実は一つだけ。

`apt -y install imagemagick ffmpeg libpq-dev libxml2-dev libxslt1-dev file git-core g++ libprotobuf-dev protobuf-compiler pkg-config nodejs gcc autoconf bison build-essential libssl-dev libyaml-dev libreadline6-dev zlib1g-dev libncurses5-dev libffi-dev libgdbm3 libgdbm-dev nginx redis-server redis-tools postgresql postgresql-contrib letsencrypt yarn libidn11-dev libicu-dev

の中にある、 libgdbm3 がUbuntu 18.04LTSにはありません。 libgdbm5 がありますが、標準でインストール済みなので

特にインストールする必要はありませんでした。

これ以外は、全てProduction Guideの手順通りでインストールできました。